今、求められる工務店の「デジタル」と「アナログ」の棲み分けとは?

現場業務改善
管理業務効率化
その他
オンライン
 
工務店の DX化が進む現代で本当に必要なデジタル化と残すべきアナログ対応

最近は、DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉をよく耳にします。私達、住宅業界でも同様です。
オンラインでの案内や打合せ、電子契約や職人さんとのコミュニケーションもペーパーレス化が進み、データのクラウド化など業務の効率化が進みます。デジタル化が進む中、顧客は本当にデジタル化を求めているのか?
オンライン案内やオンライン打合せの設備を整えたけど高額な買い物だからやっぱり担当の方と会って自分たちの要望を伝えたい。担当の人となりをみたい。といったアナログを求められることも少なくないのではないでしょうか?

DX 化を推進するオンラインセミナーは多数あるかと思います。
本セミナーは、工務店が行うべき「デジタル」化と残すべき「アナログ」対応をテーマにお話いたします。

 

日時 2021年7月13日(火)16:00-17:00
主催 ショウタイム 24 株式会社 株式会社 物件王 株式会社ダンドリワーク
内容
【第1部】
工務店の行うべき「デジタル」vs 残すべき「アナログ」
【第2部】
工務店の「ムダ」にならないデジタル化 ~最新トレンドと成功・失敗事例~
【第3部】
工務店の集客数・成約率を上げる大切にしたいアナログ対応
注意事項

※当日のオンラインセミナーログイン情報等に関しては、お申込み後、担当者よりご連絡させていただきます。
※本セミナーは、工務店・リフォーム会社様など施工業務がある会社様が対象となります。その他の事業会社やシステム会社様におかれましては、ご参加はご遠慮ください。

お問い合わせ
株式会社ダンドリワーク
TEL:0775-98-6997(受付時間 平日10:00~18:00)
Email:info@dandori-work.com