アスベスト(石綿)事前調査報告義務化を踏まえて建築会社が今すぐ取り組むべきこととそのポイント

ダンドリワーク活用セミナー
現場業務改善
管理業務効率化
経営戦略
オンライン
日時 2022年11月16日(水)まで視聴可能
開催場所 視聴用URLの配布
参加費 無料
主催 株式会社ダンドリワーク
内容

本セミナーは、みなさまから多くのリクエストをいただいたことによるアンコール配信です。

今回のセミナーは、建築物石綿含有建材調査者についてです。

改正大気汚染防止法は、2021年4月に施行され、2022年4月には、それ以降に着工する一定規模以上の解体・改造・補修工事について、アスベスト事前調査結果の報告が義務付けられました。

そして、いよいよ10月には、建築物石綿含有建材調査者の選任が義務化されます。

そこで、今回のセミナーでは、フィールドセールスチーム マネージャー 北原 裕太が以下の点を中心に、アスベスト事前調査結果の報告義務化の最新トレンドについて解説します。

(1) アスベスト事前調査結果の報告義務化等に関する実務対応の最新トレンド
(2) 建築物石綿含有建材調査者(石綿を含む可能性のある建築物等の解体・改修などの前に実施する調査を行う者(2022年10月〜義務化))
(3) 石綿作業主任者(石綿を含む建材の除去等の作業において1名以上選任)
(4) 特別教育(石綿を含む建材の除去等の作業に従事するすべての者が対象)

登壇者:
ダンドリワーク事業部フィールドセールスチーム マネージャー 北原 裕太

以下の方に特にオススメ:
・建築会社の経営者の方
・建築会社の工務担当の方
・建築会社の営業担当の方

注意事項

当日セミナー中の録画・録音等はご遠慮ください。
同業者の参加はお断りします。検討企業・ユーザー企業を装っての参加も固くお断りします。
講演内容は予告なく変更となる場合があります。
本セミナーは主催者により録画し、後日公開する可能性があります。

お問い合わせ

株式会社ダンドリワーク
コミュニケーション企画室
077-598-6997(受付時間:平日9:00~18:00)
Email:contact@dandori-work.com